顔 脱毛

MENU

自分で出来る顔の脱毛方法について

腕や足と同じように顔にも肌を守るために沢山の毛が生えています。脱毛のし過ぎはせっかくの肌の防衛機能を台無しにしてしまうのでお勧めできませんが、ある程度余分な毛を処理することによって肌の透明感が増し、化粧乗りやスキンケア用品の浸透率もアップすることが出来ます。
顔の脱毛は自宅でも行うことが出来ます。処理の方法も様々で、毛抜きを使ったり、カミソリで剃ったり、市販の脱毛器や電気シェーバーを利用したり、専用の脱毛クリームや脱毛ジェルも売られています。サロンに行くよりも低価格で、自分の都合に合わせて処理できるので便利ですが、どの方法にもメリット・デメリットがあります。顔の肌は特に敏感なので自分に合った方法を見つけることがとても大切です。
毛抜きを利用する場合、狙った箇所だけをピンポイントで脱毛出来るので肌への負担は少なめです。ただし抜くときに痛みを感じたり、毛を抜いたことによって毛根が広がり、かえってムダ毛が目立ってしまう恐れもあります。また1本1本抜いていくのは時間も掛かり根気も必要になります。
脱毛クリームやジェルは痛みもなく、塗るだけなのでとても手軽ですが、敏感肌の人や生理中などでホルモンバランスが崩れている場合、使用した箇所が赤く腫れたりかゆみが出るなどの肌トラブルが起こる恐れがあります。トラブルを防ぐためにも使用前には必ずパッチテストを行うことが大切です。
カミソリや電気シェーバーは毛抜きほど時間も掛かりませんし、痛みもなく、クリームやジェルほど肌トラブルへの心配も少ないのでお勧めです。ただしムダ毛と一緒に肌の表皮も削ってしまうので、処理方法を間違えると炎症や乾燥肌を引き起こしてしまいます。まず絶対に空剃りは禁止です。必ず泡だてたボディソープなどで肌を保護しながら剃ります。肌を傷める原因になるので、逆剃りはせず、毛の流れに沿ってやさしく剃っていきます。顔は手足と違って凹凸が多いので剃りにくい箇所もあります。そういう時は剃る箇所によってT字カミソリにしたり、ヘッドの大きさが変えられるシェーバーを使うのがお勧めです。剃り終わったら乾燥を招くのでなるべく早く泡を洗い流します。洗い流した後は柔らかめのタオルで優しく肌の水分を取り、化粧水や乳液でたっぷりと保湿をすることが大切です。
このようにカミソリや電気シェーバーは、処理方法とアフターケアをしっかり行えば、痛みもなく手軽に顔の脱毛が出来るのでとてもお勧めです。


PVランキング 中国写真旅行 中古パソコン 歯科 歯医者